身体能力・運動神経開発スクール|パスキッズ|体操教室|親子体操|幼児・小学生|池袋|目白|雑司ヶ谷|江戸川|海老名|小田原|横浜|厚木|練馬





第5回課外授業報告!!

雪遊びinふじてんスノーリゾート・・・

2013年2月24日(日)第5回課外授業を行いました。

課外授業の目的は、集団行動や社会のマナーを学ぶこと、他のクラスの子と仲良くなることが目的です。
普段のクラスでは、学ぶことが出来ないことを外に出て色々と経験します!
あとは、子どもたちに色々な経験や思い出を作ってあげたいという想いもあります。

5回目は、スキー教室!!!
冬にしかできないこと・・・、そう「雪遊び雪だるま」にしました。
今回は、4時間(1日)のスクールレッスンに、雪遊びを行いました!!
雪に慣れていない子たちは、雪での動き方や感じ方、また楽しさや時として危ないということを経験してもらいました。
今回は、参加者30名定員でした!!!!!!


▲今回は、電車移動電車とバス移動阪神バスの両方を行いました。
  電車移動は、切符やICカードの使い方、電車マナーなど学ぶべきことが多々あります。


▲バスでは、富士山クイズや堀コーチクイズで盛り上がりました。
  富士山は、昔、女性は登ってはいけなかったみたいですよ。


▲バスでは恒例のお菓子タイム。
  コーチの分も用意してくれてありがとうございました。
堀コーチクイズの内容を一部紹介しますね。。。
「堀コーチは、結婚している。○か×か?」
子供たちは、「×、×、×」という声がほとんど。

正解は「×」「堀コーチは、みんなの堀コーチなので、結婚はしていません」と・・・
子どもたちから「ブーブーブー」という声が・・・笑
もう一問紹介しますね。
「堀コーチの夢は、結婚である。○か×か?」

先ほどの件があったので、子どもたちはほとんど「○」という声が・・・。

正解は「×」「堀コーチの夢は、君たちの成長やスポーツで活躍してくれることが夢です」と・・・。

▲と気づくとスキー場に到着しました。富士山がくっきり見えます。

バス酔いした子などでバタバタしましたが、無事スキーができる状態へ・・・


▲A班とD班の集合写真


▲B班の集合写真

▲C班の集合写真


▲いざっ、レッスン開始です。

  初めての子達は、滑れるようになるんでしょうか・・・!?


▲子どもたちもインストラクターの方の話をしっかり聞いています。

▲片方の足に板をつけて歩く練習をしています。

▲おっとっと・・・


▲さぁ、次は、ハの字の練習です。

▲おっと、バランスが崩れそうです。


▲カニさん歩きで上まであがります!!

  A君「重いよ~」っと・・・

  増「それは、A君の体重が原因じゃないかな!?」笑

1回目のハの字はなかなか上手くいかない子も、2回目、3回目とやるとすぐに出来るようになりました。
子どもたちの上達の早さ・・・素晴らしい!!!




▲さて、D班は、ウォーミングアップをしています。


▲リフトに乗って、上へ・・・


▲上手に滑っていますね。

▲片足を上げる滑りかたもやっていました。


あっという間に2時間は過ぎ・・・お昼休憩へ
食堂は、すっっっっっっっごく混んでいました。
食事券を渡し、ご飯は自分たちで選んで購入。
こういったお買い物を一つの課外授業の目的です!!
ちゃんと金額分のものが買えるのかどうか、オーバーしていないかなど算数を日常で使用します。


▲これは、食べていますよ風に子どもたちが魅せる画を作ってくれました。

  将来は、女優かモデルになるんでしょうか!?笑

  CMやドラマ関係者の方、子役にいかがでしょうか!?



▲午後は、リフトに乗って滑っていきました。
  22名の大行列です!!!!!!


▲転ばないように皆必死です。。。

▲無事に降りてきました!!まだ肩に力が入ってますね・・・

▲滑れるようになり、笑顔での帰還。
ほとんどの子がハの字はマスターし、初級者コースは滑れるようになりました。

その後は・・・ちびっこ愛ランドへ。

▲雪山の上に登っていました。

▲フカフカのお家へ・・・。いい笑顔ですね。

▲カマクラ・・・。「ここは僕の家だぞ~」

▲誰を当ててやろうか!?と悪さを考えるA君。笑

  悪そうな顔をしていますね・・・笑

スキー教室は、ケガや事故もなく無事終わることができました。
子どもたちは、
「楽しかった」
「滑れるようになった」
「また行きたい」
など嬉しい声があり、我々スタッフもやってよかったという想いです。

我々スタッフもまだまだ改善すべき点があり、次に活かしていきたいと思いました。
今後も、子どもたちのためにいろいろなことチャレンジしていきたいと思います。

第6回課外授業もぜひよろしくお願いいたします。

そして、今後ともよろしくお願いいたします。